[ソフト]

 ソフト(zlog_to_hamlog) ver1.4a をリリースしました。
こちらに 【HELPファイル】 があります。

・インストーラーはありません。(^^;
・ダウンロードされましたら解凍お願いします。
・解凍したファイルは、任意のフォルダーへコピーして下さい。
 zlog_to_hamlog.exeをダブルクリックすると実行します。
・最初は「QTH・QRA抽出」タブを選んで、抽出をして下さい。
 抽出には、少し時間が掛かります。
 完了しましたら、準備OKです。
・「Hamlogへ変換」タブで、zLogのテキストファイルを選んで、
 処理開始ボタンを押すと、CSVファイルに変換されます。
・変換する時の各種設定は、「変換時の設定」タブにもあります。
・このソフトは、zLogのテキストデータやHamlog.hdbの書き換えは行いません。
 Hamlogでインポート可能なCSV形式のファイルを作るだけです。 
 変換作業は、納得がいくまで何度でも繰り返し可能です。
 Hamlogへの結合は、これでいいなと思ってから行って下さい。
・HamlogへCSVファイルを結合する前には、Hamlogのデータファイル
 (HAMLOG.hdb)のバックアップを必ず行って下さい。


sample1.jpg

sample2.jpg

sample3.jpg


【ソフト作成のきっかけ】
 私は、ハムログをメインに使ってます。
時々ですが移動運用をしたりコンテストに参加しています。その時はzLogを使
う事が多く、QSO数は、数十〜数百局になります。Hamlogへインポートすると、
Name・Code・QTHの欄に何も記入されませんでした。QSLカードが届いた時、
空欄を埋めるのですが、それが手間で何とかならないかなーとずっと思ってま
した。最近、仕事が少し暇になってきましたので作り始めました。

【バージョンアップ時の注意】
・フォルダ内に前のバージョンのsettei.iniがあると、うまく起動しない事があります。
 その時は、settei.iniを削除してから、起動し直して下さい。


【改版履歴】
・Ver1.4a (2007/07/18)
     ZLISTWから、DOS版 zLog テキストファイル(*.TXT)形式で
     書き出したファイルを用いると、正しく変換されなかったので修正しました。
     (TNX.JA1OQ)

・Ver1.4 (2007/06/07)
    ・zLogからHemlogへの時刻変換スイッチ(JST・UTC)を加えました。
    ・UTCを選択すると、時刻が正しく変換されなかったので修正しました。
     (TNX.JA2BQX)

・Ver1.3 (2007/06/04)
    ・HamlogのNameへも、結合出来るようにしました。
    ・Codeへ結合時、最後のアルファベットを除去するスイッチを付けた。
    ・zLogのデータをHamlogのCodeへ結合すると、QTHもくっつけます。
    ・DX QSOした時は、相手国のCodeとQTHもくっつけます。
    ・CSVファイルを作る時に、今までQSOしたご自身のハムログデータ
     を使って、NameとCodeをくっつけます。
    ・CodeからQTHへの変換は、Hamlogの機能を使っています。
    ・ver1.3には、UTCを選択すると、時刻が正しく変換されないバグがあります。



【最新版ダウンロード】   filezlog_to_hamlog_14a.lzh   (size 427kb)











添付ファイル: filezlog_to_hamlog_14a.lzh 2120件 [詳細] filezlog_to_hamlog_14.lzh 821件 [詳細] filesample3.jpg 1029件 [詳細] filesample2.jpg 1103件 [詳細] filesample1.jpg 1122件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-10 (火) 12:42:44 (1322d)